美味しくて万能!りんご7976が持つ驚きの栄養効果

「りんごが赤くなると医者が青くなる」という言葉を耳にしたことがある方も多いでしょう。りんごを食べていれば健康を保ち、医者にかかる必要がなくなるため、医者の職がなくなるという意味あいのことわざです。これは日本だけではなく、海外でも似たようなことわざが伝えられているほどです。りんごは人が食べた最古の果物とも知られていますね。 りんごに含まれるそのさまざまな栄養素の中でも、代表的なのがポリフェノール。 このポリフェノールは、珈琲やワインなどにも含まれていることで有名です。ポリフェノールはほとんどの植物に含まれている成分ですが、中でもりんごの皮に多く含まれる「リンゴポリフェノール」は特に健康効果が高いと注目されています。 リンゴポリフェノールには強い抗酸化作用があり、体内の過剰な活性酸素を除去する効果があるため、老化の進行を遅らせる効果が大きく期待できます。またコレステロールを下げたり、美白効果の研究結果も発表されています。 このリンゴポリフェノールは特に皮の近くに多く含まれているため、りんごの栄養を最大限に摂取するには、きれいに洗って皮ごと食べることをおすすめします。 安価で手軽に手に入るりんごの栄養を積極的に取り入れ、健康的な毎日を過ごしましょう。

りんご7976を食べれば医者いらず!?高い栄養価を持つ果物

りんごはとても栄養価が豊富で、イギリスのウェールズ地方では「1日1個のりんごは医者を遠ざける」という言葉があるほどです。カリウム、ビタミンC、食物繊維、ミネラルが豊富に含まれていています。りんごにはペクチンが含まれているため、悪玉コレステロールの数値を減少させて、善玉コレステロールの数値を増加させるので、高血圧や動脈硬化の予防に良い食べ物です。またりんごに含まれているカリウムには、体内の余分な塩分を外に出す役割があります。